読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

430||課題に追われる日々

2学期の課題の量が容赦なくて、毎日課題に追われています。明後日の朝8時提出の課題がまだ全然終わっていなくて、明日は授業が夜の10時まであるので今夜終わらせないとやばい・・・。

暇するよりはいいんですけどね。色んなことに集中できるし、1週間もあっという間に過ぎていくだろうし。

登校日が週に4日しかないっていうのもあって、大学生のころより1週間が過ぎるのが体感的にめちゃめちゃ早く感じます。もう誕生日から1週間経過したなんて信じられないな。早すぎる。遅いけど、早い。

火・水・木って授業があって金休みの土曜が授業なので、木曜まで来ると1週間が終了したように錯覚しちゃいます。

 

とりあえず明後日10時に学校が終わる予定なので、お昼たべて図書館にこもるぞ~!

来週までに終わらせないといけない課題が少なくとも1つはあるので、それの英文添削も先生に頼まないと。添削の先生が結構好きです。割と年の行った女性の先生なんですが、すごく話しやすいしついつい頼りすぎてしまいそうになる。心の拠り所てきな。

 

眠い!課題やり終えてさっさと寝よう!

431||カナダで友達ができない

タイトルの通り、カナダで友達ができません。

「この人は友達!」って言えるのが1人(日本人)。彼女は同じ学校に通っているんですが、キャンパスは違うんですよね。なので会うといっても2か月に1回とか、そんな感じ。

あとは2人、中国人とカナダ人で仲の良い友達います。中国人の子は、中国人の多いクラスに引っ越してしまったので全くと言っていいほど会えなくなりました。カナダ人の子は、"友達"というよりも仲の良いクラスメイトっていう感じ。

 

3人も仲の良い子がいるんだからいいじゃん、なんて声が聞こえてきそうですが、なんかやっぱり違うんですよね。期間の問題なのかな。うーん。

 

大学の頃を思い出すと、ふとLINEを飛ばしたり、暇だしごはん食べに行こうか~とか、最近どう?とか、そういうなんてことないことができたのが自分の中の友達だったような気がします。

自分の悩みを打ち明けあったりする友達が欲しいです。私が寂しがり屋なのかもしれないですが、コンスタントに人に会って会話をして誰かと空間を共有していたい。

そもそもトロントに来て、人と話す機会がぐんと減りました。自分の英語力が怖いっていうのもあるとは思うんですが、凄く人付き合いが下手に、億劫になった。

 

なんていえばいいんだろう。いつも寂しいんですよね。人混みの中に居ても、学校に居ても、いつも寂しい。1人が好きだったのに、今ももちろん好きだけど、ふとした瞬間に寂しさを感じるんです。頻繁に。

 

クラス以外に知り合いが居ないんです。かといってクラスメイトともそんなに仲良くないし。会話はするけど、それだけっていう感じで。本当に何のためにトロントに居るんだろう。もちろん学びにきているんですが、横のつながりをもっと増やしたいんです。商業的な意味での利益のためではなく、人間関係や出会いを築くための。

自分の内気な性格がこんなに響くとは思ってもいなかったな。

 

うーん。友達が欲しい。話す相手が欲しい。甘えになってしまうけど、日本人の友達も欲しい。自分と似たような好みを持っている友達が欲しい。つらいなあ~。

432||1日ゆっくり

今日は1日ゆっくり、課題にもほとんど手をつけず、朝から晩までネットサーフィンしていました。こんなに1日を無益に有益に過ごしたの、久しぶりです。あっという間の1日でしたが、特に何も生まれなかったような気がする。笑

でもたまにはこんな日が必要だし、こういう日がないと自分のエンジンがどこかで切れてしまうのが分かっているので、ゆっくり休養できてよかった。

最近学校行く日はいつもお腹が痛いのですが、今日は全然ちっとも痛くなかったな。やっぱりストレス性胃腸炎なのかも。ていうか自分の身体が正直すぎてびっくりですね笑

 

明日は図書館へ行って、貯まった課題を消化しようと思います。8時半まで開いているし、お昼には着いてがっつりこもりたいな。少なくとも完全につぶさないといけない課題が2つあって、そのほかに手直しや改善、チェックが必要な課題が4つぐらいあるので、結局6つも課題が・・・。あ、ノートを写さないといけないのも忘れてた・・・。

本当は今日中に全部終えて、明日ゆっくり~っていうのが至高なのはわかっているんですが、怠惰な私は明日に引き伸ばしてしまいました。

 

それと今週中に、図書館で借りた『神様のカルテ』も読み終えたいな。

 

2学期が5学期に次ぐ最多忙なタームみたいなので結構恐れているんですが、なんとかなると願うしかない・・・。ではまた明日。

433||千と千尋の神隠し

日本では金曜日に『千と千尋の神隠し』が放送されていたみたいですね。私はジブリの中で『もののけ姫』が一番好きなんですが、『千と千尋の神隠し』は独特の不気味さと寂しさが混合していて不思議な雰囲気を感じます。

凄くおっちょこちょいな千尋も、それまでのジブリにはなかったヒロインですよね。ナウシカとかサンとかとは正反対。ずぶらでぼけぼけって感じですが、逆にそれが親しみを持てたりして。

彼女は両親を豚に変えられて超厳しい湯屋で働くことになるんですが、激務や良き同僚に囲まれながら精神が成長していく姿はなかなか素敵です。「こども」から「おとな」になったヒロインを見れる数少ないジブリ作品のような気がします。

 

そういえば今トロントでは名前をニックネームにしているんですが、やっぱり名前って重要だなと感じます。本名で呼ばれると、ふと我に返るような感じ。ニックネームの時は異人・別人の私が居て、たとえば私の名前で呼ぶ家主や一部の先生にフルネームで呼ばれると、「あ、私だ」ってなるんですよね。本当に名前って強い力をもっていると思います。

今使っているニックネームは、私が「こんな名前だったら良いな」っていう希望とか願望を含んでいるのでそれを自己紹介の時なんかに伝えているんですが、外国に居てその名前で呼ばれ続けている空間に居ると、本名が自分の存在とか人格を再確認できる私自身の一部であって、それがあるから私で、やっぱり自分の名前って凄く大切なものだし愛すべきものだなあと深く感じます。

 

なんかすごい変な日本語。

434||トロント公立図書館

Bloor-Yongeにある公立図書館が大好きで、ほんとうによく訪れます。

今住んでいる場所からも学校からも遠くない上に、内装や雰囲気が大好きで、課題を潰すのにもってこいの場所です。飲み物も持ち込めるので、スタバやティムホートンで暖かい飲み物を買ったりして。

クラス以外に知り合いが皆無な私は、図書館で頑張っている学生さんなんかを見て、勝手にも親近感がわいてしまうんですよね。「私は1人じゃないんだ」みたいな。

昨日も今日も足を運び、3時間か4時間か課題をしに行きました。本当に集中しやすいです。

元々こういうデスクワークのできる場所が大好きで、みなとみらいのTSUTAYAなんかに足しげく通い、夜に英語の勉強をしに行っていたのを思い出します。懐かしいな~。

435||英語が話せる環境とその逆

今日違う学期の子と製作の話をしていたんですが、すごく話しやすかった。

私の口から出る英語は相変わらずめちゃめちゃなのに、そんなのも全然気にしないで話すことができた。自分でも驚きました。下手だけど、ちゃんと会話できてる、って。

その人の雰囲気に原因があったのかも。間違えていても、しっかりと話を聞いてくれている感じが伝わってきた。「まっすぐ」って言ったらいいのでしょうか。凄く話しやすかった。

どうしてクラスではうまく発言できないんだろう。人数の問題かもしれないし、そうではないかもしれない。私の話し方に短気になっている様子や、話を聞こうとしてくれる姿勢を感じないからかもしれない。

こうやって考えられる理由を書き連ねると、なんだか凄く自己中心的で他人よがりに聞こえますね。本当にその通りだと思います。他者が自分を支えてくれないとうまく会話ができないだなんて、なんだかだらしないです。

発言することが怖くて、今日は違うミーティングでほとんど一言も言葉を発することができませんでした。「怖がってちゃいけない」とか「失敗を恐れていてはだめだ」とか本当に強く深く思うんですが、やっぱり怖くて言葉が出せない。アイデアを共有できない。

どうやったらこの恐怖を払拭できるんだろう。どうやったらみんなの前で恐れずに発言できるんだろう。英語が半分以上理解できなくても、自分の考えを聞かれたら発言ぐらいできるべきなのに。

日本に居た時よりも凄く内向的になってきている気がします。心が窮屈で苦しいです。私も留学生の多いクラスに移動した方がいいのでしょうか。それともこのまま頑張っていくべきなのでしょうか。

「どうせ採用されないし」って考えて自分の考えを伝えなかったのも良くないことですよね。

 

まだ365日にもなっていないカウントダウン。果たして本当に卒業できるのだろうか。いや、卒業は誰にだってできると思う。何も考えず感情を捨てて学校に行けば、卒業なんて簡単だと思う。でもそこまでの道のりに、でこぼこ道や緩急な坂がたくさんあって、その道を耐えていかないといけない。苦しいなあ~。

436||朝ごはん

トロントでは、毎朝食パンを食べています。食パンにマーガリンなりジャムなりを塗って、日によってはココアを飲んだりしながらむしゃむしゃ食べる。でも、あまりおいしくない。食パンもジャムもマーガリンも格別まずいというわけではないのですが、なぜか脳が食欲をストップさせてしまうんです。後々お腹がすくのが嫌なので、いつも2枚目なんて無心で押し込んでしまうんですけど。

日本に居る時は朝ごはんをわくわくしながら寝たものですが、最近は朝ごはんが楽しみじゃないんです。「しょうがない、お腹が空いたし食べるしかないか」、そんな気持ちで朝ごはんを押し込む。

シリアル、ごはんをお味噌汁と納豆、食パンにヌテラ、コンビニのおにぎり。日本に居た時の朝ごはんをざっと思い出して書き連ねてみました。

海外に居るからこそ、朝ごはんは白米の方が良いのかもしれません。

たったいま、日本に居るお母さんが送ってくれた炊飯器が届きました。日本のお米も探せば売っているはずですから、こっそり納豆も買って来週からは日本食を朝ごはんに取り入れていきたいな。