謹賀新年 2017

明けましておめでとうございます。

来る新年、いよいよ2017年になりました。なんだか今年は安定した1年が過ごせそうな気がする、なぜなら数字の17は私のラッキーナンバーだから。

 

2016年は様々な分野で色々な経験ができた年でした。

生徒を指導するという経験、そして自分が慕われる存在に。

大学を卒業するという大きな別れと、海外留学をするという大きな挑戦。

学業、友達、恋愛、精神、本当にたくさんの経験をして少し大人になった気がします。もちろん簡単な1年ではなかったし、特に後半は攻めるように辛い波が押し寄せてどうなるかと思いましたが、なんとか今こうして生きていられるのは、友達や家族、恩師の存在があったからです。帰ってくる場所があるということは本当に素晴らしい。「おかえり」の4文字の偉大さに気づかされました。とても響くんですよ、たとえそれがLINEでのやり取りだけだったとしても、自分の存在を承認されたような、とても心強くなれる言葉だと思います。

 

2017年は、多分2016年よりももっと大変な1年になると思います。今年は「忍耐の年」になると思う。正直、大きな荒波に揉まれる予感は感じているし、それにぐっと耐えて乗り越えていかないといけない。決して簡単な1年にはならないと思います。

私は強気な人間ではないから「当たって砕けてやる!」とか「かかってこい!」なんて大きな言葉は発せられないので、「耐えていこう」。

 

予見できる波の高さや激しさには正直恐怖でいっぱいです。今は日本にいるけれど、心の内から言えば戻りたくない。ずっとここに居て日本語を話して、みんなに甘えていたい。

想像を絶する辛さに何度もくじけそうになり、息も絶え絶えゴールした2016年。来年の年末は日本に帰ってくることはできませんが、果たしてどんなゴールが待っているんでしょう。

 

おみくじは大吉でした。

もちろんこのくじに一喜一憂せずに、落ち着いて誠実に頑張っていこうと思います。余裕があれば生活に楽しさを入れていきたいですが、どうだろう、、、笑

 

よし。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

追伸

今日は北陸には非常に珍しい晴れの元旦。初詣も晴れて、眩しいくらいのお天道様の下お参りに行ってきました。

せっかくなので、初詣から帰って、お母さんの着物を着て少しお出かけ。やはり和服を着るのは良いですね。海外に住むと、改めて日本の文化が愛おしいです。(知識は全くないけれど笑)